洞窟/ケイビング関連ニュース 


 

石舟沢鍾乳洞への作業道が整備!

 2004年4月17日(土)、埼玉県秩父郡大滝村(現秩父市)中津川支流石舟沢にある石舟沢鍾乳洞においてPCCが行った体験ケイビングで、石舟沢出合い(長栄橋)から石舟沢鍾乳洞付近までの作業道が整備されていることが確認されました。
 石舟沢鍾乳洞が発見された1994年当時は作業道により車止めの石舟沢出合いより30分ほどで到着することができましたが、その後、台風や大雨による土砂崩れ、積雪などによる木道の崩壊や倒木、経年劣化による木道の腐食で作業道が大幅に荒れて、近年では車止めから石舟沢鍾乳洞への到達時間が長くかかるようになっていました。また、初心者が洞口までたどり着くのも大変な状態になっていました。
 石舟沢鍾乳洞へ向かうルートの途中で杉の伐採作業が行われることとなり、今回、作業道が再整備されたようです。これにより再び、車止めから石舟沢鍾乳洞へ、安全かつ迅速に到達できるようになりました。林業関係の方、団体に感謝です。
 また、滝沢ダムの工事により水没する中津川林道の付け替え道路も完成したため、国道140号線から石舟沢出合いの旧道に右折する地点まで全線が二車線道路となり、車での所要時間も5分以上短縮されました。これにより、秋の紅葉シーズでも渋滞に巻き込まれず、石舟沢鍾乳洞へ行けるようになるのではと思われます。

 

『ニュース&お知らせ』に戻る