洞窟/ケイビング関連ニュース 


 

河内風穴、遭難事故発生で入洞制限される!
 1998年11月21日(土)、滋賀県犬上郡多賀町河内の河内風穴において、観光洞上層部で遭難事故が発生しました。
 遭難パーティーは愛知県内の私立大学の探検部で、6人のパーティーで入洞していました。8:50に入洞し、16:00に出洞予定でしたが、13:00ごろ、ルートを誤り、観光洞上層部に迷い込んでしまったようです。
 洞外待機の部員が地元の人から梯子を借りて、レスキューしようとしましたが、長さが足りず、また、男子部員2名が絶壁を降下しようとして、一人が落石で右肩に怪我を負ったため、19:00ごろ、彦根署へ通報したそうです。
 結局、彦根署員や消防署員が現場に向かい、上層部に取り残されていた4人をレスキューしたようです。なお、今回の河内風穴の探検は同部の恒例行事だったそうです。
 この事故により河内風穴の管理人は多賀町教育委員会の紹介状と行動計画書を提出しない限り、ケイビング目的の入洞を禁止する措置をとるとの情報がありますが、詳細は未確認です。

 

『ニュース&お知らせ』に戻る