洞窟/ケイビング関連ニュース 


 

ケイビング保険加入者募集
 洞窟救助協会(CRA)が取りまとめているケイビング保険の2002年度の保障期間(2002年11月1日から2003年10月31日まで)が始まります。申し込みの締め切りは2002年10月26日ですが、保障期間中途でも加入できるので、ケイビングをやっている人は、ぜひ加入しましょう。
 また、掛け金を2500円上乗せすれば、ケイビング以外のアウトドアスポーツ全般についても保障を受けることができます。
 
1.申し込み&問い合わせ
 洞窟救助協会(CRA) 森住貢一
 Eメールアドレス PXW02716@nifty.ne.jp
 
2.申し込み内容
 氏名(ふりがな)、性別、住所、電話、生年月日、Eメールアドレスなどの各個人データとアウトドアの保障も含めるかどうかを明記する。
 
3.送金先
・銀行送金の場合
 あさひ銀行 大森支店(513)普通983160 モリズミコウイチ
・郵便振替の場合
 口座番号 00150−9−41697 CRSS事務局
 
4.申し込み締め切り日
2002年10月26日まで。
 
5.保険の種類
・A(基本コース)……年間掛け金7500円(アウトドア込みの場合10000円)
 死亡と後遺症……150万円まで
 遭難捜索費用………50万円まで
・B(基本コースの2口相当)……年間掛け金10500円(アウトドア込みの場合13000円)
 死亡と後遺症……200万円まで
 遭難捜索費用……100万円まで
・Bの2口……年間掛け金18500円(アウトドア込みの場合21000円)
 保証はBの2倍
 
6.アウトドア保険
 2500円の上乗せで、ケービングや登山以外のアウトドアでの活動まで保証範囲を広げられます。その場合は「スキーで他人にけがをさせた」「カヌー運搬中他の車に傷をつけた」といった賠償責任の保証も付きます(ケービング中には賠償保証は付きません。洞内で、賠償保証が必要な第三者に遭遇する可能性は低いからです)。賠償保証の限度額は3000万円です(ただし、ハンググライダー・ボブスレーなどいくつかのアウトドアスポーツは、適応除外されます)。
 
7.ケイビング保険の適用範囲
 ケイビング以外、すべての登山(ザイルを使ったクライミング、沢登り、ピッケル・アイゼンを使った冬山など)も含まれます。自宅を出てから帰るまでが、適用期間となります。なお、登山についてはCRAには、原則として事前届け出の義務はありません。ただし、各所属団体の承認を取るようにしてください。なお単独登山については、保険金が支払われない場合がありますので、複数での活動でお願いします。救助依頼などについては、山岳救助に準じてください(アウトドア保険の登山については、登山道に限定されますが、所属の承認は不要です)。なお、山岳救助のための捜索用に1回民間ヘリコプターを飛ばすと、150万円ほどかかりますので、保険についてはBまたはBの2口での加入をお勧めします。なお、国外では、遭難捜索費用は適用されません(死亡などは適用されます)。
 
 洞窟救助協会(CRA)並びにケイビング保険について、さらに詳しく知りたい方は洞窟救助協会(CRA)のホームページをご覧になってください。 

 

『ニュース&お知らせ』に戻る