洞窟/ケイビング関連ニュース 


 

不老鍾乳洞への簡易ルート開拓!
 1998年11月14日(土)、東京都西多摩郡奥多摩町三ノ木戸山においてPCCが行なった洞窟探索で、同町不老にある不老鍾乳洞への林道を利用しての簡易ルートが確認されました。
 これまでは不老鍾乳洞まではバス道の大沢国際マス釣り場から徒歩で1時間かかっていましたが、今後は車で不老林道を行き、車を降りてから5分で不老鍾乳洞にたどり着けるようになりました。
 不老鍾乳洞は数十年前は養沢鍾乳洞型の観光洞でしたが、廃業された以降は長らく忘れ去れていました。過去の資料から、その存在を知ったPCCにより、1983年4月30日に行なわれた不老鍾乳洞練習ケイビングで再発見されました。洞口には鉄梯子が設置されていて、初心者が練習ケイビングをするのにはちょうどいい洞窟でしたが、場所が不便すぎて、あまりケイバーが行っていませんでした。
 詳しくは『PCCの活動』にアップした三ノ木戸山洞窟探索のレポートを読んでください。そこに新しいルートの行き方も載っています。

 

『ニュース&お知らせ』に戻る