パイオニアケイビングクラブ(PCC)会則 


 

第1章 総則

第1条 会の名称はパイオニアケイビングクラブ(以下『本会』という)とする。
第2条 本会は自然と洞窟を愛好し、ケイビングを行なおうとする個人の便宜を図るために設立する。
第3条 本会はパイオニアケイビングクラブ員(以下『会員』という)及び、本会に協力する個人をもって組織する。
第4条 この規約はパイオニアケイビングクラブ会則(以下『本会則』という)として定めたものであり、本会の最高規約である。したがって本会で定める他の規約は本会則に反してはならない。
第5条 本会の運営は本会則及び、他の規約にのっとって役員会及び、各局がこれを行なう。
第6条 本会の運営年度は毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わるものとする。

 

第2章 活動

第7条 本会で行なう活動は毎月1回以上とし、他のケイビング団体などと合同して行なうものもこれに含める。
第8条 本会で行なう活動については、実施の1週間前までにその活動内容を計画し、各会員に通知するものとする。
第9条 本会で行なう活動への参加は各会員の自由意志で決定できる。いかなる者も参加を強制されることはなく、また、参加を強制する権限は有さない。
第10条 本会で行なう活動は3名以上の参加者を必要とし、参加者がこれに満たない場合は活動を延期、あるいは中止する。他のケイビング団体などと合同して行なう場合もこれに準ずる。

 

第3章 会員

第11条 本会への入会手続き及び、入会資格については別に規約をもうけるものとする。
第12条 本会の会員であるということは各会員の個人的なケイビング活動及び、他のケイビング団体などへの加入を制限するものではない。
第13条 会員は本会において全員が同等の権利を有し、義務を負う。ただし、役員については本会則の定める範囲においてこの限りでない。
第14条 会員は本会の総会に参加する権利を有する。
第15条 会員は本会で行なう活動に参加する権利を有する。ただし、休会期間中の会員についてはこの限りでない。
第16条 会員は脱会及び、休会する権利を有する。脱会及び、休会の手続きについては別に規約をもうけるものとする。
第17条 会員は本会則及び、別にもうける規約を遵守する義務を負う。
第18条 会員は本会運営維持に必要な会費を納入する義務を負う。納入の時期、方法及び、その納入額は別に規約をもうけるものとする。

 

第4章 総会

第19条 本会の運営方針は総会において決定される。
第20条 定例総会は毎年1回、4月に行なうものとする。
第21条 臨時総会は役員会が必要と判断した場合、あるいは、全会員の三分の一以上の署名が集められた場合に行なうものとする。
第22条 総会には原則として全会員が参加する。ただし、やむを得ぬ事情がある場合には委任状の提出をもって、参加に代えられるものとする。
第23条 総会は全会員の三分の二以上の参加、あるいは、委任状がなくては行なうことができないものとする。
第24条 総会の議事は参加会員の過半数をもってこれを決し、可否同数の場合には議長の決するところによる。
第25条 議長は総会冒頭で選任され、その総会でのみ議事を進行させるものとする。
第26条 規約案は総会において可決したときに規約となり、その効力を発する。ただし、本会則に反するものはこの限りでない。

 

第5章 役員会

第27条 本会を円滑に運営するために役員会を設置する。
第28条 役員会は原則として本会則及び、総会において決定された規約、運営方針に従い、各局を統括して本会を運営する。
第29条 役員会は緊急を要する場合には臨時に規約を制定できる。ただし、本会則に反するものはこの限りでない。また、制定後1か月以内に総会で承認を得ないものはその効力を失う。
第30条 役員会は必要に応じてこれを開くものとする。
第31条 役員会は会長1名、副会長1名、事務局長1名、広報局長1名、調査局長1名で構成する。なお、兼任は2役までは認めるものとする。
第32条 役員の職務は次のとおりとする。
 1.会長は本会を代表し、その運営を管理する。
 2.副会長は会長を補佐する。なお、会長がその職務を遂行不能な場合にはこれを代行する。
 3.事務局長は事務局の運営を管理する。
 4.広報局長は広報局の運営を管理する。
 5.調査局長は調査局の運営を管理する。
第33条 役員は会員の中より選出する。
第34条 役員の任期は活動年度の1か年間とする。なお、再任は妨げられないものとする。
第35条 役員の選出の時期及び、方法は別に規約をもうけるものとする。

 

第6章 事務局

第36条 本会の事務を行なうために事務局を設置する。
第37条 事務局の主な職務は次のとおりとする。
 1.本会の活動記録を作成し、その保管にあたる。
 2.本会の通信事務にあたる。
 3.本会の会計事務にあたる。
 4.本会の備品を購入し、その保管にあたる。
第38条 事務局長は必要に応じて会員中より事務局員を選任できるものとする。

 

第7章 広報局

第39条 本会の広報を行なうために広報局を設置する。
第40条 広報局の主な職務は次のとおりとする。
 1.本会の活動内容を一般に広報し、その活動及び、ケイビングへの理解を求める。
 2.他のケイビング団体との渉外にあたる。
 3.新会員の勧誘にあたる。
 4.会報を発行する。
第41条 広報局長は必要に応じて会員中より広報局員を選任できるものとする。

 

第8章 調査局

第42条 本会の活動のために調査局を設置する。
第43条 調査局の主な職務は次のとおりとする。
 1.洞窟に関する情報を収集し、その整理にあたる。
 2.活動予定地の情報を収集し、活動内容の計画にあたる。
 3.活動目的地において活動を管理し、その記録の作成にあたる。
 4.本会の洞窟情報を保管し、会員に対する貸し出しの管理にあたる。
第44条 調査局長は必要に応じて会員中より調査局員を選任できるものとする。

 

第9章 監査委員会

第45条 本会を本会則及び、他の規約に従って正常に運営するために監査委員会を設置する。
第46条 監査委員会は役員会及び、会員からの提訴を受理して本会則及び、規約に従い、問題の解決を図るものとする。ただし、会計監査及び備品監査については任意にこれを行なうことができるものとする。
第47条 監査委員会の判定は総会の承認を得なければ、その効力を発しない。
第48条 監査委員の定員は3名とし、会員外より選任する。
第49条 監査委員は選任の方法については別に規約をもうけるものとする。
第50条 監査委員の任期は原則として終身とする。ただし、会員による罷免請求、あるいは監査委員が辞任した場合はこの限りでない。罷免請求の手続きについては別に規約をもうけるものとする。

 

第10章 改正

第51条 本会則の改正決議は総会において役員会がこれを提案、あるいは参加会員の過半数がこれに賛成しなければ行なうことができないものとする。
第52条 本会則の改正には前条の手続きがなされた後に全会員の三分の二以上の賛成を必要とする。
第53条 改正会則は特別に規定がない限りは改正成立と同時にこれを施行する。

 

第11章 附則

第54条 本会則は昭和54年4月1日より施行する。
第55条 本会則を施行するために必要な規約の制定、役員及び、監査委員の選出は前条の期日よりも前にこれを行なうことができるものとする。

 

『PCCの歴史』に戻る