パイオニアケイビングクラブ(PCC)の活動 


 

瀧谷洞探検ケイビング

 2003年6月29日(日)、埼玉県秩父郡大滝村(現秩父市)にある豆焼沢・瀧谷洞で行った調査ケイビングについて報告します。
 参加者は、PCCの柏木氏と大喜多、NTC洞窟探検隊の藤井氏、亀戸ケイビングクラブの牧野氏、戸田氏、鶴巻嬢、日大探検部の田中氏、東京スペレオクラブ(客人)の Mr. Brienの8名でした。

・活動の概要(時刻は概略)
  7:15 出会いの丘 出発
  9:30 豆焼沢ABC 到着、休憩、着替え
 10:00 豆焼沢ABC 出発
 10:30 第一洞口  到着、入洞
 14:45 第一洞口  出洞、昼食
 15:15 第一洞口  出発
 15:30 豆焼沢ABC 到着、休憩
 15:45 豆焼沢ABC 出発
 17:15 出会いの丘 到着、着替え
 18:00 出会いの丘 出発、解散

 今回、調査を予定していたのは、第1洞口〜奥の院〜メインルート〜大聖堂〜鬼のせっちん〜放水路〜ホワイトプリズン〜白雪の間〜白雪の池〜Mルート〜下の大滝ホールです。
 第1洞口から2番目にあった木製の梯子が、腐食のため撤去されており、代わりにロープが設置されていました。ここを昇降する際には、セルフビレイ器具が必須です。
 奥の院では、安全確保のため、洞床の傾斜部にあった浮き石を排除しました。
 メインルート(竜の石〜オバQ石〜瀧谷観音〜三つ子石)を経て、大聖堂に到着し、鬼のせっちんを調査しました。
 そのあと、放水路を通り、ホワイトプリズンへと向かいました。
 さらに、白雪の間〜白雪の池(チョークのプール)〜Mルートを経て、下の大滝ホールへと向かいました。
 その途中、クラック状のルートを通るあたりにトラバースラインを張ったりしたので、かなり時間がかかってしまい、下の大滝ホールまでは行けませんでした。
 帰りはMルートの上部〜放水路〜大聖堂〜メインルートを通り、第1洞口から出洞しました。

(大喜多 記) 

注意!
 豆焼沢・瀧谷洞は、一般の方の入洞が禁止されています。
 
『2003年の活動』に戻る

 

活動に関するご質問は、ここをクリックしてください。

pccmail@egroups.co.jp