パイオニアケイビングクラブ(PCC)の活動 


 

大血川新洞体験ケイビング

 2001年7月21日(土)に埼玉県秩父郡大滝村(現秩父市)で体験ケイビングを行いました。活動内容は大血川新洞の入洞と付近でのシャワークライミングです。参加者はPCCから新井さん、大喜多さん、小山の3名、NTC洞窟探険隊から菅谷さん、冨永さん、藤井さんの3名、体験ケイビング参加者3名の計9名でした。
 9:30に快晴の中、荒川村道の駅に集合後、再び車で移動しました。当日は亀戸ケイビングクラブが近くで活動中とのことで、作業道を登りながら沢を覗きましたが、発見できませんでした。
 洞口前の作業道に車を止めて着替え、体験者用の黄色工事メットにガムテープでヘッドライトを留め、徒歩2分で大血川新洞へ到着しました。洞口に着くと、中からは涼しい風が吹いてくるのがわかります。
 洞口で、お決りの『使用前』写真を撮影後、入洞開始します。10mほどを匍匐前進し、洞内の本水流上の広いところで、とりあえず全員集合しました。この日は水が少ない方でした。ここで水流を登る班と最奥部へ進む班の2班に別れました。
 藤井班は、最奥部へ進むべく、まず第一関門の左90度屈曲のポアパを進みます。屈曲部の真ん中に穴が開いていて、非常に進みずらいです。無事通過後、第二の水流を水上匍匐で通過します。何とか濡れないようにがんばりますが、足下とおなかは濡れてしまうようです。
 その後、土の上をしばらく進むと、水平天井からぶら下がる見事なつらら石が見えてきます。長くはないのですが、真っ白で非常にたくさんあります。写真を撮り、細心の注意を払って通り抜けると、最奥部の絶壁の滝ホールです。
 この絶壁の滝ホールには以前、登攀するために設置したハンガーが残置したままだったので、景観と危険防止のために幾つかを回収しました。滝のホールの奥や周辺を探索後、もう一班と別れたところまで戻ると、丁度もう一班も戻りつつあるところでした。最奥部班の濡れたつなぎを見て、もう一班の中には多少不安に思った人もいたようでした。
 全員集合後、班の進むルートを交代して、次は水流沿いに進みました。意外と長い距離を足を濡らして、かがみながら水流を登っていき、最後のガレ場のホールで引き返します。別れた場所で、もう一班を待っていると、綿つなぎだけだったせいか、水がそんなに冷たくないのに、寒くて震えがきてしまいます。そして、洞口へ戻り、昼食。所要時間は2時間弱でした。
 今回は、濡れついでということで、大血川新洞前の向かい谷で、シャワークライミングも行いました。まず、大血川新洞直前の4mの小滝を練習がてら挑戦。滝の上からロープ確保し、1人ずつ登るが、途中で止ってしまうと、もろに滝の洗礼を受ける。とくにつなぎの上半身を脱いで、腰で縛っていた人は、まともに水流を受け、大変であった。そして、なめを100mも進むと大きな滝にぶつかる。滝壷は腰程度の深さで、垂直高低差10m以上。角度の急な流れを含めると、45mのロープいっぱいでした。一瞬、ここを登るのは無理かなと思いましたが、勇敢にも大喜多さんが挑戦。この滝は巻き道で滝上に登れるので、上からロープ確保して登りはじめると、あっという間にクリアしてしまいました。
 これはできるとのことで、体験ケイビング参加者も含め、次々挑戦。滝の真っ只中に入りこんでしまうと、しがみついているのは無理ですが、ルートをうまく選択すれば、まったくの初心者でも成功できました。全員登り切るかと思ったころ、夕立ちとなり、どうせ濡れているからいいかとも思いましたが、あまりにもひどいので一時中断して、付近の岩屋へ避難しました。残念ながら、ここで時間切れで、帰りはほぼ全員、滝を懸垂降下して、車へ帰着しました。やはり、下りの方が楽。
 その後、荒川村道の駅の奥にある温泉で泥を流し、解散となりました。今回、初めて大血川新洞で体験ケイビングを行いましたが、濡れるのと狭いのとで体験ケイビング参加者の評判が悪かったら今回限りと思っていましたが、案外まずまずの評判だったように感じました。

(小山 記)  

 

『2001年の活動』に戻る

 

活動に関するご質問は、ここをクリックしてください。

pccmail@egroups.co.jp