パイオニアケイビングクラブ(PCC)の活動 


  
石舟沢鍾乳洞体験/探検ケイビング/
石舟沢の風穴/石舟沢の水穴探検ケイビング
 2000年4月22日(土)に埼玉県秩父郡大滝村中津川にある石舟沢鍾乳洞で体験および探検ケイビングを行った。参加者はPCCから小山、内山、大喜多、山本の4名、NTC洞窟探検隊より藤井氏、辻氏、谷本氏、中川氏の4名、体験者として8名、計16名だった。
 洞内で渋滞しないよう、1チーム5人〜6人の3チームに分け、5分間隔で入洞した。全チーム第2洞口から入洞して、発見されたばかりの第3洞口から入るものはいなかった。
 定番の体験コース(第二洞口〜赤竜の間〜白竜の滝〜青竜の泉〜黒竜の顎〜最奥部の地底湖〜第一洞口)を3時間程度で探勝して出洞した。出洞後、石舟沢に新洞探しにきていた洞窟探索班(芦田、星野、小野)と合流して、探検班以外は下山した。
 探検班(小山、内山、大喜多)はかねてから気になっていた個所を探検することにした。まず、白竜の滝のホールにあるクランク状の狭洞に入ってみた。すると第一洞口から入ったホールの上層部に出ることが確認できた。
 次に、最奥まで詰めていなかった、石舟の風穴第一洞、──第二洞と石舟の水穴に行くことにした。石舟の風穴第一洞は風が吹き出ているが奥行き15mくらいで天井が低くなり入洞不可能となった。石舟の風穴第二洞は想像していたよりも長く、メアンダートレンチで続いており、微弱な水流もあった。さらに石舟の風穴第三洞への通りぬけルートも確認できたため、両洞(第二洞、第三洞)合わせて総延長30mくらいの洞窟になると思われる。
 石舟の水穴は狭い匍匐洞口を抜けると突然、地底湖のあるホールとなった。そのホールからは、またかなりつらい匍匐ルートとなり、その後小ホールに出た。小ホールからは水流が2つあり、一つは完全に水没、狭洞で行くことは不可能。もう一つの水流は濡れれば行くことが可能であるが、時間の関係で引き返すことにした。出洞後、石舟沢出合いで明大地底研のと出会った。

(小山 記)  

 

『2000年の活動』に戻る

 

活動に関するご質問は、ここをクリックしてください。

pccmail@egroups.co.jp