パイオニアケイビングクラブ(PCC)の活動 


 

倉沢の水穴探検ケイビング/
孫惣谷出合いの水穴探検ケイビング
 1985年9月1日、晴れ。東京都西多摩郡奥多摩町倉沢の倉沢の水穴で第3次探検及び、日原川の孫惣谷出合いの水穴で第1次探検ケイビングを行う。参加者は芦田、廣瀬、白幡、深田。
 倉沢の水穴と倉沢鍾乳洞『第2下層部新洞』の『水晶池』がサイホン状でつながっていることは1984年12月にトレーサーを流し、判明していたが、人間が通り抜けることができるかどうかについては、まったく不明であった。そして、1985年の春ごろより、水中突破の試みが何回かなされたが、ほとんど成果があがらず、サイホン部分が予想に反して、相当長いのではないかという推測も出ていた。
 ところが、1985年7月に入って、早稲田大学探検部の佐藤英一氏が友人と2人でアタックして、サイホン部分突破に成功したというニュースが伝えられた。水晶池に抜けただけではなく、そこからさらに水中洞を5mも奥に入ったとのことである。行き先はまだ続いていたが、素潜りだったため、それ以上は行くことができなかったそうである。そこでPCCでは潜水器材を使い、その奥の探検を試みてみることにした。

(芦田 記)  

 
 前回、頭だけ突っこんでみた水没部に今回、スキューバフルセットを身に着けて入ってみる。予想していたより狭く、あと一息というところで通らない。一度浮上して、タンクをはずしてから再度アタック! タンクをねじこみながら、直径0.5m程の狭洞を約1.5m進むと、小ホールに出る。長径7m、短径2.5m、高さ1.2m、水深は3m。右の方に支洞があるが、水晶池から流れ込んだ砂利によって入口付近が埋まっているため、入れない。この小ホールの先が水晶池である。
 水晶池からは30度ぐらいで下に向かう直径1.2mの土管状の水中洞が5m程続き、さらに水平に3m程行ける。しかし、しだいに天井が下がってきて動きがとれなくなってくる。4.5m地点に右に行く支洞があるが、人が入れる大きさはないようである。一方、主洞の行き先はまだ続いているが、狭洞のため、スキューバの装備をつけて入っていくことは困難である。また、動くたびに水が白く濁るので視界が悪くなり、それ以上の探検をすることは不可能となった。
 この次やる時は万全の準備を整えて、だれかとペアを組んでやりたい。

(白幡 記)  

 
 倉沢の水穴の探検が昼ごろに終わってしまったので、予定外ではあったが、日原の上流にある孫惣谷出合いの水穴も探検ケイビングしてみることになった。
 この水穴は、日原川と孫惣谷が出合う左岸にあり、ちょうど天祖山に向かう林道の橋の直下に開口している。PCCでは、3年前に洞口を確認していたが、入洞するには胸まで水につかって渡河しなければならず、なかなか決行できないでいた。
 洞口は中腰で入るが、すぐに立って歩くことができるようになる。水流はそれほど多くないが、5m地点で天井が突然低くなるので、首まで水につからなければ、奥に行くことはできない。そこを抜けて少し行くと、小ホールに出る。左側の壁が崩落しており、水流はガレ場のすき間から流れ出ている。行き先のまっすぐは狭洞で入洞不能。上方に洞口の方に戻る支洞が2本あるが、どちらも泥だらけの狭洞で5mほどで埋没している。わずかに小さなつらら石が見られる。
 一方、左側の崩落した岩のスキ間を抜けて上方に行くと二十畳ぐらいのホールに出る。このホールには足跡がなく、人が入った形跡が見あたらない。前人未踏の新ホールである。天井の高さは2〜5mほどある。二次生成物が数多く見られ、カーテン、ストロー、石筍など種類も豊富である。今まで、だれも入ったことがないため、それらの二次生成物は、まったく傷つけられていない。
 上部新ホールは、これ以上続きそうもないが、下の水流部のガレ場付近は希望が持てそうである。ディギングすれば、のびる可能性が十分にある。ただし、作業は相当、困難なものになりそうである。
 なお、この水穴は測量図が作られていないようなので、新ホールの部分と合わせて測量する必要がある。しかし、水温がずいぶんと低いので、暖かい季節でないと行うことができない。

(芦田 記)  

 

『1985年の活動』に戻る

 

活動に関するご質問は、ここをクリックしてください。

pccmail@egroups.co.jp