パイオニアケイビングクラブ(PCC)の活動 


 

向かい谷洞窟探索
 1984年12月30日(日)。晴れ。埼玉県秩父郡大滝村大血川向かい谷で第5次洞窟探索を行う。参加者は芦田、深田の2名。
 12月下旬に降った雪が、まだ残っており、とくに谷底や北側山腹には10cmの残雪があった。
 大血川新洞から大血川鍾乳洞にかけての沢ぞいを探索。5m程の洞窟を2本確認する。そのうち1本はデイギングの必要がある。また、大血川新洞対岸の山腹でも、5m以上の洞窟を1本発見したが、洞口付近のガレを取り除かなくては、入洞することができない。
 さらに大血川新洞左上の穴が、2月に行う向かい谷鍾乳洞第2次探検のアタックベースとなることも確認する。

( 芦田 記)  

 

『1984年の活動』に戻る

 

活動に関するご質問は、ここをクリックしてください。

pccmail@egroups.co.jp