パイオニアケイビングクラブ(PCC)の歴史 


 

 1975年4月 

 東海地方にて、ケイビング団体『パイオニア
 ケイビングクラブ』を設立。
 以後、東海地方を中心に活動。

 1978年3月 

 会報『パイオニアケイビング』の発行を開始。

 1979年4月 

 日本ケイビング協会に加盟。       
 
パイオニアケイビングクラブ会則を制定。 

 1981年1月 

 伊勢志摩にて300メートル級新洞窟『天の岩
 戸新洞』を発見。           
 『天の岩戸新洞』の探検、調査、測量を開
 始。1982年3月に終了。      

 1982年4月 

 活動の中心が東海地方から関東地方に移動。
 以後、奥多摩を中心に活動。      
 新会員の公募を開始。         

 1984年8月 

 以後、奥秩父を中心に活動。      

 1986年5月 

 奥秩父にて1000メートル級新洞窟『大ガマ
 
タ沢・ケイ谷洞』を発見。       
 『大ガマタ沢・けい谷洞』の探検、調査、
 測量を開始。1988年11月に終了。 

 1987年6月 

 ひみず会が行った『河内風穴』の探検、調
 査、測量に参加。           

 1989年7月 

 奴奈川プロジェクトが行った『福来口洞窟』
 の探検、調査、測量に参加。      

 1989年10月 

 奥秩父にて3000メートル級新洞窟『豆焼沢
 ・瀧谷洞』を発見
。          
 『豆焼沢・瀧谷洞』の探検、調査、測量を
 開始。現在も継続中。         

 1990年12月 

 芦田会員、テレビ朝日系列のニュース番組、
 『ニュースステーション』に生出演し、『豆
 焼沢・瀧谷洞』の紹介。        

 1991年8月 

 パイオニアケイビングクラブを中核とした、
 『大滝プロジェクト』を組織し、大滝村より
 『豆焼沢・瀧谷洞』の調査受託。    

 1991年10月 

 芦田会員、『豆焼沢・瀧谷洞』の説明のた
 め、埼玉県知事を表敬訪問。      

 1993年12月 

 JCC2が行った『安家洞』の探検、調査、測
 量に参加。              

 1994年10月 

 奥秩父にて1000メートル級新洞窟『石舟沢鍾
 乳洞』を発見
。            
 『石舟沢鍾乳洞』の探検、調査、測量を開
 始。現在も継続中。          

 1998年9月 

 WWW上にパイオニアケイビングクラブの活
 動を紹介するホームページを開設。    

 2001年5月 

 奥多野にて300メートル級新洞窟『荒神穴』
 を確認。 

 2003年4月 

 奥秩父にて200メートル級新洞窟『藤十郎沢
 鍾乳洞』を発見。 

 

※パイオニアケイビングクラブの詳しい歴史は、PCC資料室の
 「洞窟読み物」にアップした
PCC四半世紀の歩みをご覧ください。

上記の活動に関するご質問は、ここをクリックしてください。

メールは、ここをクリックしてください。

pccmail@freeml.com

※メールアドレスをコピーして送信する際は「@」を半角にしてください。 

 

★ナビゲーション用ウインドウの表示★

※掲示板や検索エンジンなどから直接フレーム内のページに来てしまい、ナビ
  ゲーション用ウインドウが表示されていない場合は上をクリックしてください。